DCP WALLとはW断熱塗り壁工法です。

なぜ塗壁なのか

新しい外壁材が増えている中、昔ながらの塗壁が見直され、人気が高まっています。
長い歴史の中で証明されている耐久性安全性、職人の手仕事による意匠性など、塗壁には魅力がたくさんあります。
塗壁というと漆喰壁や土塗壁など和のイメージが強いかもしれませんが、実は洋風の塗壁もあり、現代の住宅にも適応します。
素材により、様々な質感や、表情、また模様を作ることができ、塗装の仕上げ方次第で、風合いを変えられるのが塗壁の強みです。
デザイン性の強い住宅をアピールしたい住宅会社や工務店にとって、塗壁施工ができることは最大の強みとなるでしょう。

「W断熱」性能

省エネに貢献する「断熱」は、これからの住宅にとって、たいへん重要であると考えています。
建物の中に夏の熱気や、冬の冷気が入る前に、建物をまるごと外気から遮断してしまう「外断熱」と、柱のあいだに断熱材を設置する「内断熱」。塗壁を施工することで、内
と外のW断熱を実現しました。

これにより、建物が外気温に左右されにくく、室内温度がほぼ一定に保たれます。それゆえ冷暖房の省エネルギー化をはかり、光熱費を削減し快適な住居空間を作ります。

施工したいが高価な塗壁

塗装を請け負う職人の数が少なくなっている現代。
職人の技術が必要な塗壁の施工は、一般的にコストのかかるものですが、DCP WALLなら左官職人の技術を内製化することで、高い技術力を低コストで実現可能にします。
これにより、サイディングと変わらない価格で、塗壁を提供できます
本当に良いものだから、価格であきらめてほしくない。
それがDCP WALLの答えです。


施工動画

セミナー参加申し込み

    参加希望セミナーを選んでください